【ダサかっこいい】It’s a small world/King Gnuを演奏してみた。

SONG

昨年の音楽シーンで一躍有名になったキング・ヌーの”It’s a small world”をカバーしてみました。曲としては”白日”が有名ですね。”白日”もめっちゃかっこいいんですが、曲としてはこちらの方が好きだったりします。

意外とミドルテンポで淡々とした曲が好きだという自分の好みなのでしょうが、飽きることなく聴けます。

歌詞もそんなイキってなくて(笑)

「君の世界に僕も生きられるのなら素敵なことでしょう?」

というシンプルな歌詞が好きだったりします。

その人の世界に自分が存在しないことが、対人関係や恋愛においてもっとも虚しいことだと思います。

さてさて、曲についてですが、King Gnu節というか常田さん節が炸裂してますね。

ある意味ダサいような「付加音を使ったコードワーク」

ダサくも感じるんですけど、かっこよくも聴こえるんですよね。

私、「ダサかっこいい」のすごく好きなんですよね(ダサかっこいいって感覚わかります??)

演奏的には

そのコードワークを丸々コピーしつつ、打ち込み入れて頑張って歌っています。

サビのみベースを入れていますが、ギターで代用してます^^

まぁまぁ気に入っています(笑)

ということでお聴きください。

It’s a small world/King Gnu

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。